カルトナージュのSomething

カルトナージュblog

2013年02月

新作キット(チェスト)

次回は3月9日の夜遅い時間のOpenになる予定です。


3月のカルトナージュキットShopからご紹介する新作キットの2つ目

引き出しが2段ついたチェストです。

P2263180_1
(W)24㎝×(D)17㎝×(H)20㎝


箱の前部分(引き出し口)にもカルトンを貼って強度を増すと同時に、

引き出しにも前板を張っているので、引き出しと本体との隙間が見えず、

きっちりとした出来上がりに見えるようになっています。



このあたりの構造は私のこだわりで

引き出しと本体との隙間が空いているとなんとなく嫌なので...。

自分用ならば布の厚みを計算してキッチリ隙間なく仕上げられますが

キットだと使用される布も様々だと思うので汎用性を持たせられるよう

このような設計にしています。


おそらくキットでこのような構造にしているものは無いのでは

ないかと自負しています^^


サイズはおおよそ(W)24㎝×(D)17㎝×(H)20㎝ ですが、

使う布は思いのほか少なく、柄合わせをしないのであれば、

表裏合わせて 1m×1m ほどでできてしまいます。


次回は3月9日の夜遅い時間のOpenになる予定です。

キットの価格など準備できしだいHPでお知らせいたします。


カルトナージュ(キット)





















新作キット

次回3月にOpen予定のカルトナージュキットShopでご紹介する

新作キットで、A4サイズのマガジンラックです。


全てのパーツをカルトン2枚重ねにしていますので、結構頑丈です^^

ほぼA4サイズで小ぶりなのでカウンターなどの上に置いて

新聞立てとして使っても

P2193179_1



この他にもう一つ新作キットを制作中で、

初めて引き出し2段のマイクロチェストをご紹介する予定です。


パーツの数がかなり多く、またカットが緻密になるため、サンプルを

用意するのも大仕事で、只今奮闘中です


でも、キットとしてはなかなか見つけることのできない、作り甲斐があって

飾りがいもある、使いがいもあるモノになりそうです

頑張ります

カルトナージュのSomethingはコチラからどうぞ


ふとどき者!


午前中、カルトナージュの新作キットのレシピ作りに没頭していた時

電話が鳴りました。



「はい、〇〇です」

男 「お母さん?オレ...グスッ

「誰? 〇〇(長男)? 〇〇(次男?)」

男 「うん...風邪ひいた ...グスッ」




ここでピンと来た私は、おびき出して警察よんじゃおうかな~

と思ったのです。



「また、風邪ひいたとね...もう...今どこね?」

男 「そとにいる...」



が...そうだった!カルトナージュやってる途中じゃん!

 ボンドが乾いちゃう~と思い、おびき出し作戦はやめて言いました。



「あ、そう。 あんた オレオレ詐欺やろーもん

男 「はぁ なんで~ 熱がある...」



ちっ、諦めの悪い詐欺師やな...と思いつつ、言いました。



「息子はここにいるよちゃんと働きなさい



これで、ようやくガシャッと電話を切ってくれました。

まったくもぉ  若者よ、額に汗して働きなさい!!



この詐欺師、うちのご近所にローラー作戦かけてるみたいです(怒)





 


手放しにくいもの(着物)

「タンスの肥やし」という言葉がありますが、お年を召した方のお宅の

一番の肥やしは沢山の「着物」達です。


おそらく着物はもう何十年も放ったらかしというご家庭も多いかと...。

買うときは「一生ものだから」なんて言って何十万円も出して買った

(買ってもらった)のに、仕付け糸すら外していない着物もあったりします。


でも、女性にとっては着物や帯というものは「着る・着ない」よりも

「持っている」「箪笥に入っている」だけでニヤニヤするような

そんな幸福感を与えてくれるモノかもしれませんね。


そういう「肥やし」はあってもムダではないのかも



でも、自分亡きあと、それを受け継いだ着物に全く興味も何もない

お嫁さんや娘さん・お孫さんにとっては「邪魔な布」にしか見えない事も..。


ましてそれがシミだらけだったり、全くサイズが合わない

ものだったりしたらなおのこと...。



「シミ抜きしたらいいから」「サイズを直したらいいから」「染め変えたら

いいから」と言われても、着物のお手入れはそれはそれは高くつきます。

よほど好きでもない限り、「高価だったから捨てられない」「故人の思い

入れが強いから捨てられない」という困った遺品になっていまします。


受け継いで欲しいモノほど、厳選して、手入れして、

喜んでもらえるモノにしたい。
そう思うのです。


我が家にも着物好きの亡き義母や、実母から受け継いだ着物達が沢山。

私は自分でお太鼓程度なら着付けができますが、それでもやはり着物

は面倒... その面倒を少しでも軽減しようと、カジュアルの帯4本を

作り帯に加工してもらいました。

P2183175_1


着物は何とか着付けられても帯が決まらなくて...という方や

傷みやすい織や刺繍の帯、お太鼓柄(ワンポイント)の帯には

楽チンでとってもおススメです^^




我が家に受け継がれた義母の着物はシミだらけのモノ多数(笑)

 実母のは身幅大きすぎ!(笑)

逸品ならば洗い張りして仕立て直して着用する道も...。

でもそうでないモノは...。

今まで、目をつぶっていましたが、そろそろそういう着物達に

第2の人生を与えようかと思います。



幸い、私にはカルトナージュという味方があるので、

思い出の着物達はカルトナージュや布小物、バッグなどに

仕立てなおしてみようかと思います。




講座打ち合わせ



今日は4月に開催される某自治体での整理収納講座の打ち合わせに

行ってまいりました。

4月には地元久留米市でも講座を2つ開催させて頂くことになっています。

昨年秋からボチボチと撒いた種が少しずつ芽を出し始めました^^

整理収納は幸せへの第1歩

講座はそんな思いを沢山の皆様にお伝えできる貴重な機会です。




どうすれば整理収納の効果を感じて頂き、「よしやってみよう

という気持ちになっていただけるのか?

アレもコレもと色々詰め込みたくなってしまうところですが、限られた短い

時間での講座です。消化不良にならないように、大切なポイントを絞って

効果的に伝えなければなりません。



そのためには、自身の知識・経験・データ・理想(思い)を綺麗に整理し

このエピソードはココで、この写真はココ、という具合に流れに沿って収納

していきます。



備えあれば憂いなし^^ 頭の中の引き出しも整理収納が行き届いていれば、

イザという時にも慌てなくてすむというのは仕事でもお部屋の片づけでも同じです


前職での講座以来、約1年ぶりの講座です。心地よい緊張が走りますが

今度は大好きな分野での講座です。元気に楽しく前向きにをモットーに

頑張ってみようと思います




ギャラリー
  • 春待ち色のメモカバー
  • ロゴできました♪
  • Facebookやってます
  • スマホケース1Dayレッスン
  • スマホケース1Dayレッスン
  • 2017年
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ