新品でも使わないものは永遠に使いません

私が結婚した15年前、裏の倉庫には返礼や引き出物として
頂いた数々の品物が、古い大きな大きな食器棚にぎっしりと
詰め込まれていました。
室内の押入れには繊維系のモノがた~くさん。

減らしては増え減らしては増えしてきましたが、
断捨離本に書かれていたことを守り一番上等を自分達用に
下ろしたあと、残りをようやくスッキリと片付けました。
協力先は友人達とリサイクルショップです^^;

Rショップの買取価格は購入時の10分の1以下から、
高くてもせいぜい5分の1ほど。
箱が劣化すると新品でもお皿1枚10円になってしまいます。

友達にはあげてしまいますが、この場合後から「お礼に」と
好物が来たりすることも(笑)
喜んで貰えて、モノにとっても使って貰えて、自分も美味しい
モノにありつける「三方一両特」な方法です

Rショップで少しでも買取価格を上げたければ、箱を綺麗
にしておくこと。即ち、開けてみて「使わないな」と思ったら
できる限り早く売りに行くことです。
箱の色あせやセロテープの黄変が防げます。

個人的な意見ですが、日本のこういう返礼だの引き出物だ
のって風習は好きじゃありません お見舞いもお祝いも
お悔やみも、返礼が欲しくてするわけじゃないのにね...。

でもこんな田舎では欠礼することは許されないので~す
それに、ツワモノの親戚のおばちゃんは、どの食器が誰の
何の時の返礼品か、全部記憶している(恐るべし!)そうで、
そこのお嫁さんは処分なんて夢のまた夢と嘆いていました 

なので、フリマで売るという方法は田舎では厳禁です
3千里くらい離れたところなら、近所のお年寄りはやって
来ないから大丈夫かな..