ご無沙汰しています。
四十肩のその後ですが、三寒四温で回復傾向といったところです。

同じく四十肩、五十肩で困っている方の励みになるように、ちょっと
詳しく書かせていただきます^^

ほっときゃ治るといわれる病気ですが、痛いピークが結構長くて、
その間は真っ暗なトンネルを歩くような気分になります。
頭の中が「痛い」で一杯で、何にも手に付かないぐらいのときも
あります。少しでも励みになればいいな~と思います。

・夜間痛が出始めたのは冬の始めごろです。腕は普通に動いて
ました(回すと少しひっかかる?感じはありましたが)

・年明け(1月8日)お寺の食事作りで多少無理をしたせいか、夜間痛が
酷くなりました。

・11日に整形外科を受診し、投薬開始。翌日から自発痛も酷くなり

・3日後にステロイド剤を注射。多少痛みは和らぎましたが1週間
苦しみ21日に鍼治療1回目、3日後に2回目。

・鍼はそれなりに効果を感じましたが26日に病院に行ったところ、
医師から「あらら、固まってきてるね~。リハビリしましょ」
と宣告されてしまいました とりあえず3ヶ月は覚悟のようです

昼間の自発痛がようやくおさまりだした1月28日からリハビリ生活
に入っています。今日が3回目でした。

最初は殆ど力も入らないヨロヨロな肩でしたが、今日は「結構力あり
ますね」と言われるほどになっています

とは言ってもまだまだ可動域も制限があります(特に脇を体につけて
腕を外旋するのが苦手)し、軽いものでもしばらく持っていると突然
肩が抜けそうな感じになってしまいます

夜間痛は一昨日あたりから随分軽い痛みになってきて、目覚める
回数も減りました。

一番辛いこの夜間痛を少しでも軽くするためにやったことを書きます。
私の場合はどうも体を寝せると痛みが激しくなる気がしたので、次の
ような対策をとりました。

・炭酸系入浴剤を入れたお風呂に長めに入り体を温め、なるべく
1時間以内に眠るように心がけました。

・大きなビーズクッションを枕にして体を起こし気味に寝ます。

・痛い方の腕の下に枕やタオルを敷いて、腕(肩)が下がらないように。
反対側にも置くと不用意に寝返りをうつのが防げます。

・使い捨てカイロを肩や腕に貼って(低温やけどしないように工夫)
フリースのひざ掛けなどをたたんで肩にかけ徹底して冷えを防止する。

・場合によっては ビーズクッションを抱き枕のようにして、痛い方の
腕を上にして横向きで寝ました。

・どうしても痛いときはしばらく体を起こして痛みがひくのを待って
から横になりました。

私の場合、体が炎症に勝って回復に向かいだした日が自覚できて、
それはリハビリ宣告の翌日でした。酷い熱風邪で寝込んだときに
ある朝目覚めて 「あ!治った!?」って思うことがあるでしょう?
あんな感じでした。

完治までは時間がかかる病気なので、一直線という訳にはいかず
三寒四温の回復ですが、2日に1回ぐらいは「あ昨日出来なかった
のに今日できた」とか「昨日痛かったところがもう痛まなくなってる」
とかが自覚できるので、今はもう真っ暗なトンネルではなく、先に
明かりが見えるトンネルを歩く気分です^^

地味~でチョット痛いリハビリと、インナーマッスル強化のエクサ
サイズを続けながらなんとか元の体に近づけるよう頑張ります!